CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ミニマル・ミュージック ライヒ ユー・ア−
ライヒ(http://www.stevereich.com/)の
新しいアルバムを購入しました!

新作が出ているのを知らず、新聞で文化賞か何かを受賞していたのを知って
久しぶりのアルバムを楽しみに聴きました。

ライヒは、もう70歳なのかぁー

ミニマル・ミュージックといえばライヒなのです。
現代音楽の中でもカッコイイ!(といってもいいのか?)
部類にはいるます。僕の中では 笑

単純であり複雑。最小であり最大。
ミニマルといえば反復と思われるのですが、
ライヒの場合、
反復、重なり、ズレ等々が特長。(カノン、フェイズ、、、、)

今回の新作は、テキストが使用されていました。
スピーチテキスト。

とまぁ、、、
だんだん難しくなり、僕もわけがわからなく 笑
なるので、このへんで 笑

70歳になったからなのか(少しは関係あるかも?)
集大成的な新作アルバム。
聴きやすいくなったなぁー というのが印象です。
それはテキストを使用しているからなのかもしれないけれど。

現代音楽を聴かない方にもお薦めです。
是非聴いてみてください!
| MUSIC | 17:04 | comments(0) | - |
ジャミロクワイ
いやーん!
青春時代プレイバックw
あはんw

ということで、買いました、コチラ



HIGH TIMES : SINGLES 1992-2006(初回生産限定盤)(DVD付)


もうおなじみですよね?
おっきな帽子をかぶった、まぁ、顔とか知らなくても、ラジオのヘビロテばんばかかかっていたので、知っている人も多いでしょう。

興味が無い人にとったら
「どの曲聞いても同じに聞こえる」
なんて言われたりしますが、今回のこのアルバム。
初回限定版を買えば問題解決ですよ!

な、なんと。
DVDに過去のプロモが13曲!!!
どっひゃー!


あたしがまだ、ぴっちぴちの女学生だった頃に、インスパイアされたプロモも入っています。

寒色系にまとめた、明るい室内。
黒い帽子、ウルトラマリンカラーが生えるトップスに黒いパンツ、カジュアルな黒いスニーカーのジャミロクワイが踊るプロモなんですが、何に驚いたって。

床、動いてるやんけ!

もう、あれ見た時にね、ジャミロクワイのダンスとか、滑らかなんだけど、それに負けず劣らずの不思議空間っぷりに、んもう、曲なんてどうでもいいよ!(それはダメ!)とか思うほどに食いついたんですね。
(ちなみにその曲はこちら→Virtual Insanity )

いやそれはともかく、ベスト曲19曲+プロモ13曲で3150円なら買いでしょ!!!
(アマゾン、今なら2677円…ぼそっ)


ジャミロクアイを知ってる方も、知らない方も、好きな方も、そうでない方も。
安いよ!お得だよ!絶対いいよ!
| MUSIC | 21:15 | comments(0) | - |
「現世美術展」はじまりました!!
昨日からはじまりました「現世美術展」。
初日からすごい充実感でした!!

残るはあと6日間。
まだまだたくさん、楽しみでたまらない
ワークショップがあります。

場所は京都の祇園(花見小路を下がった所)に
あります禅のお寺、建仁寺の禅居庵。
料金は入場料:500円 落語:別途1,500円

苔のお庭はしっとりとしていて落ち着きます。

本展フライヤーのビジュアルを担当させて頂きました。

下記は現世美術館プロジェクトからの情報です。
秋の京都を堪能しつつ、どうぞご鑑賞ください。

*****************************
GENSE ART MUSEUM PROJECT
*****************************
HP http://www.tooma.info

〜芸術を愉しむ。〜

現世美術館プロジェクトからの情報をお届けします。

■EXHIBITION

『GENSE ART EXHIBITION 2006.11.17[fri]-11.23[thu]』

●アートスペース

様々な作家さんの支点から芸術を巡る、
アートエキシビジョンです。

時代を踏まえ、捉え、超えた作品づくりをし、
これからの活躍を期待し、セレクション致しました。

○展示作家

・東 好美(陶芸)
http://www.azurer.com/
・伊藤 明子(映像)    
・梅村 奈緒子(フレスコ画、インスタレーション)
・小川 雅代(ファッション、デザイン)
・カオリとマリ子(立体、平面)
http://kaomari.com/
・河内 和徳(家具)
・シンゴ・フランシス(絵画、インスタレーション)
・田中 奈津子(絵画、平面)
・野村 洋子(絵画、平面)
・やまだないと(漫画、イラストレーション)
http://www.nuit.jp/
(五十音順)

●ワークショップ・イベント

実際に創作に触れ、作家の思考を理解し、
体験していただく。
期間中に様々なワークショップ・イベントを
ご用意しました。
是非この機会に一つでも多くの
ワークショップ・イベントに参加していただき、
芸術体験をしていただければ幸いです。

○ワークショップ スケジュール

11月17日(金)

13:30-14:30「お茶を愉しむ 煎茶」
・一保堂茶舗
http://www.ippodo-tea.co.jp/

15:00-17:00「おどるからだ つたえるからだ」
・山脇唯(ヨーロッパ企画)
http://www.europe-kikaku.com/

18:00-19:00「演劇」
・ヨーロッパ企画の若手役者による舞台
http://www.europe-kikaku.com/

11月18日(土)

13:00-14:00「アーティスト トーク」
・シンゴ・フランシス(作家)
・小椋路子(アート キュレーター)
・スペシャルゲスト

16:00-17:00「映像と音楽 LIVE ver.1」
・伊藤明子(映像作家)
・菅大祐(音楽家)
http://homepage.mac.com/gumcum/

11月19日(日)

13:30-14:30「お茶を愉しむ 抹茶」
・一保堂茶舗
http://www.ippodo-tea.co.jp/

15:30-16:30「映像と音楽 LIVE ver.2」
・伊藤明子(映像作家)
・菅大祐(音楽家)
http://homepage.mac.com/gumcum/               

11月20日(月)ワークショップはありません。

11月21日(火)

13:00-14:00「芸術さんぽ」
・奥一富(アンテナ)、横山キック
http://www.antenna-re.info/  
             
http://www.yokoyamakick.com/ 

11月22日(水)

13:00-14:00「アートショー トーク」
・カオリとマリ子、nagiiiii、奥一富
http://kaomari.com/
http://nagiiiii.xxxxxxxx.jp/
http://www.antenna-re.info/ 

11月23日(木)

13:00-14:00「ファッション・デザインを愉しむ」
・田川朋子、小川雅代
http://www.tomocotagawa.com/

15:00-16:00「イラストレーション」
・玉村升一(torinoco)
http://torinoco.com

○イベント スケジュール

11月19日(日)

18:00-19:30「落語」
別途料金:1500円
*前売り予約は、
http://www.tooma.infoの予約フォームにて受付
・笑福亭たま
http://studio-abby.com/tama/


*ほとんどのワークショップが入場料のみで
無料で体験できます。
*イベントについては別途料金が必要です。
*詳細は、現世美術館プロジェクトのサイトを
御覧下さい。

●カフェスペース

お座敷のカフェスペースでは、カフェ賀茂窯の
お茶やお菓子をゆったりと召し上がっていただけます。
芸術を身近に感じる「作家の本棚」展示作家がセレクトした図書や音楽・映像を自由に御覧いただけます。

●ミュージアムショップ

展示作家の作品やアートグッズ、本やCD、
DVDなどをお求め頂けます。

●展覧詳細

展覧期間 2006年11月17日(金)〜11月23日(木、祝)
展覧時間 10時〜18時(入館は17時30分まで)
入場料金 500円
展覧会場 禅居庵 建仁寺境内南西
〒605-0811
京都府京都市東山区大和大路四条下ル4丁目小松町146

交通案内 
阪急電車「河原町」より徒歩10分
京阪電車「四条駅」より徒歩7分
市バス「東山安井」より徒歩5分
お車でのご来場は花見小路を南へ、
つきあたりの建仁寺北門駐車場を御利用ください。

問い合せ 現世美術館プロジェクト事務局
〒600-8332
京都府京都市下京区中金仏町215ー6
増田屋ビル2Dアンテナ内
TEL / FAX 075-353-6788
http://www.tooma.info
gense@tooma.info

特別協賛 
株式会社 千眞工藝
http://www.zengift-senshin.co.jp/

印刷協賛 
株式会社 グラフィック
http://www.graphic.jp/

協賛   
INTERNATIONAL ACADEMY
http://webs.to/ia/
urbanguild
http://www.urbanguild.net/
nokiro-art-net
http://www.nokiro-art-net.com/
ツキトカゲ

http://www.in-net.gr.jp/
横山キック
http://www.yokoyamakick.com/
art show
http://artshow.jugem.jp/

協力
禅居庵
一保堂茶舗
http://www.ippodo-tea.co.jp/
賀茂窯
http://www.kamogama.com
書肆 砂の書
http://www.sablelivre.com/
恵文社
http://www.keibunsha-books.com/
vivo,va bookstore
http://www.vivova.jp/
cafe millet
GALLERY ANTENNA
http://www.antenna-re.info/
MAXIRO
http://www.maxiro.com/
LOTUS
http://www.ishikawanatsuko.com/

************************

GENSE ART MUSEUM PROJECT OFFICE

【SITE】 http://www.tooma.info/
【MAIL】 gense@tooma.info
【発行】 現世美術館プロジェクト事務局
| - | 07:05 | comments(0) | - |
鉄コン筋クリート 映画試写会
松本大洋さん原作の映画
鉄コン筋クリート」の映画試写会にいってきました。

最近のアニメーション技術はすごいなー!!!
シロとクロが主人公の町物語。
内容は映画をみていただくとして。

原作をそのままに、映画へうまく変換されているようです。

映画ということで、町のパーステクティヴが繊細に描かれていました。
シロとクロをメインにストーリーが進むのですが
宝町に住む人々の個性が濃く描かれていて、
他のキャラクターにも入り込んでいきます。

町を俯瞰する視点 と 町と自分との視点。
それぞれのキャラクターが描き出す模様。
変貌していく町で、自分は何を信じるのか?
というのが、監督の制作に対する意識のようです。

アニメというとカメラの位置が無いように制作されている感じがするのですが、
この映画は、ところどころにカメラのポジションがある。
カメラの位置ということは、観ている人が町の住人のようになる。
ホームビデオのような手ぶれの効果を意識的に取り込んでいました。

アジア的なディテールが、混沌とした感じをつくりだし、
どこか発展途上的な、もしくは変貌し続ける町として、
自分以外の大きな流れを見事に映し出していました。

住人達の人間模様と宝町への思いが、
物語に刻み込まれていて、それぞれの情景をが深く描かれている感じがしました。

場所 時間 人 が、密に描かれていて、
グッ!とくる映画でした!
素晴らしかったです!

12月公開ということです、是非観にいってほしい作品です!

安心安心。
| CINEMA | 11:10 | comments(0) | - |
podcast って楽しんでます?
うん、世間のどれくらいの人がpodcast生活楽しんでるのかなーなんて思ってるんですけどね。
あたしは最近はじめた訳なんです。
で、どっぷりハマってしまってるんです。

自分の好きな、もしくは自分にとって有益な番組を選んで聞く。
もしくは映像でも楽しんじゃう。
あたしはipodを持っているので外でも関係なし。
時間さえあれば良い訳なんです。

ラジオよりも選ぶ自由を与えられるpodcast生活。
有意義だし、需要と供給がこんなにはっきりしてるのはなかなかないんじゃないかしら。
そんな事を考えながら楽しんでみてはいかがでしょう。
| MUSIC | 02:33 | comments(0) | - |
京都職人 -匠のてのひら-


ここ1年ほどかかりっきりだった仕事が本になりました。
関係者の皆様に感謝。感謝。
分厚く文字の多い本ですが、写真も多いので本屋さんで見かけたら
パラパラとめくってみてください。で面白かったら買ってくださいね。

こちらで簡単なダイジェストが見れます。
http://sakura-ew.wablog.com/

いきなり宣伝ですいませんでした。

| BOOK | 22:20 | comments(0) | - |
田川朋子「皮膚」立体裁断展
田川朋子さんの個展

「皮膚」立体裁断展

が、東京と大阪で行われます。
詳しくはこちら>SEN

田川朋子さんの服飾といえば、
鋭い刃物のような直線が、身体に纏うと同時に曲線へとうねり、
ストイックかつエロティックな螺旋となり、
着ている人のクールな部分を引き出します。

今回は東京と大阪で個展をされるということで、
東京展の展示の手伝いにいってくるのですが、
どういう展示になるのかな?という期待が大きい内容です。
タイトルが「皮膚」ということで、
身体に密着するような作品になっているのか?
身体に近い細胞のような作品になっているのか?

とある服飾作家さんの言葉で、
「服を着る人を飾るのではなく、服を着てその人を裸にするのだ」
(正確にこの文章であっているのかどうかは曖昧ですが、、、)
といっていたのを思い出す。

皮膚にたいする、服飾の切れ味。

どのような田川流の断ち裁きをみせてくれるのか楽しみです!!!

フードクリエイターやダンサーなどを交えてもイベントも開催される
ということで、
是非、展覧会場に足をお運びください!
| ART | 21:45 | comments(0) | - |
南Q太×やまだないと BOY FRIENDS * GIRL FRIENDS
今日(21日)〜11月5日まで、
南Q太 × やまだないと さんによる
BOY FRIENDS * GIRL FRIENDS
お持ち帰りイラスト展 が
アンテナにて行われています。

ポストカードサイズのイラストで
Q太さん作品 15点
ないとさん作品 15点
共同作品 1点
額にいれて展示しています。

夏に東京などで展示された内容が、少し秋バージョンになって京都初登場です!

また、お持ち帰りということで、
ポストカードや本を販売しています。
カードは、お二人が、プリントアウトしていますので、
もう、これっきりしかありません!
売り切り次第、販売終了(かも?)なのです。

手描きのサインつきポストカードもありますので、是非!!!

南Q太>site
やまだないと>site
| ART | 12:57 | comments(0) | - |
『絵のこころ 仏のこころ』
8月のはじめにある本を買った。

巨匠(画家・俳人・歌人・歴史家)の名言を、絵と共に描いている本で
装丁がとても可愛らしい。

何度も読んでは、
言葉の重みと表現に対する姿勢に感銘し、
ヒートアップとクールダウンを繰り返してしまった。

凄いエネルギーを感じさせる数々の作品、
その作品を産み出すにあたって、
なんと謙虚な姿勢で益々前進しておられるのだろう。

そして、その壮大な実の物語が
コンパクトにおしゃれにまとまって
本になっているなんて。

芸術に携わるにあたってこの本に出逢えて
よかったと思う。

e-kokoro,hotoke-kokoro
『絵のこころ 仏のこころ』
著者:臂美恵さん(京都精華大学の先輩です)
発行:本願寺出版社
| BOOK | 10:17 | comments(0) | - |
京都国際マンガミュージアムが開館
京都国際マンガミュージアム
2006年11月25日に開館するようです。

HP>京都国際マンガミュージアム

博物館と図書館機能をあわせもつ施設で、
世界中のマンガの収集・保管・展示、マンガ文化に関する調査・研究を目的としているそうです。

昔の小学校を改装してつくられたマンガミュージアムは
懐かしい雰囲気もあるのかな?

漫画喫茶とは異なる 笑
楽しみ方がきっとあるに違いありません!

これからマンガミュージアムに入り浸るかも、、、。
もちろん、調査・研究目的です!笑

マンガ好きの方は、是非いってみてください!
| OTHERS | 19:12 | comments(1) | - |
<< | 2/3PAGES | >>