CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< HAZE 塚本晋也監督映画 | main | イシイリョウコ「冬のお話の鍵」展 と神戸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
田川朋子「皮膚」立体裁断展
田川朋子さんの立体裁断 大阪展 が
12月10日〜25日まで、北浜の近く
月眠ギャラリーにて行われます。
また、関連のイベントとして16日には月眠近くの
カフェ detajにて
黒子さなえ(ダンサー)さんと
波多野敦子(音楽家)さんによる
ショウがおこなわれます。

詳しくはこちら>SEN

以前現世美術館のトークイベントにて
お話を伺ったのですが、
衣装の色、黒・白・ベージュは、皆さんおわかりかと思いますが、皮膚の色だそうです。
なのでテーマが「皮膚」なんですね。
身体の色というのは、生まれつきかえようもなく
(最近は某アーティストのように変えることができるみたいですが、)
自分のものとして受けとめていけなくてはいけないものです。
それを題材に選び服飾として制作した田川さんの衣装。
皮膚と服飾の密接な関係をどこまで表現されているのか、
おたのしみください!!!
(10日のオープニングには、皮膚をテーマにした食事が用意されるようです。)

僕は10日の午前中から、搬入の手伝いで月眠ギャラリーへいきます。
東京展が終わってから会場の下見を少ししてきました。
正面のガラス張りから、左手に壁・壁・壁、右手に壁・カウンター・壁、奥に壁という具合に
3層の空間が連なっている場所でした。
さてさて、どうしようかな?と考えている最中です。
| DESIGN | 11:29 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 11:29 | - | - |
コメント
コメントする