CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日本の表面張力
あたしの友であり、良き心のライバルのエキシビジョンが始まります。



 今の時代に活躍する若手映像作家達が日本の先端の作品を
 京都に紹介するべく立ち上がった。
 上映イベント"日本の表面張力"誰かに見つめる事をして貰わなければ、
 そこに存在するコトすらも忘れられてしまうところで、
 髪の毛一本で、その均衡が崩れてしまう、ギリギリの緊張感を持って保たれ描かれる。
 作り手その人の世界。
 バラエティーに富んだ作家達による、色とりどりのめくりめく珠玉の作品郡を
 どうぞお楽しみ下さい。

  企画者:瀬戸口 未来


言葉通り見つめてもらうことが重要なのです。
数多くの人に興味を持って見てもらうことが作家として表現するものとして。
あたしは彼女の作品の脆く激しい美しさのファンなのです。
きっと何かの巡り合わせが在りそうです。
お近くの方は是非。


■会場:1928ビル内
 (カフェアンデパンダン/映像スタジオ1928/ラジオカフェ)

京都市中京区三条通御幸町角1928ビルB1
【TEL】075-256-6155
【URL】http://www.dohjidai.com/
開廊時間 12:00〜19:00
月曜休廊

■料金
1プログラム 学生/400円 一般/500円
1日通し券  学生/800円 一般/1000円
フリーパス券1学生/3000円 一般/4000円

※アンデパンダンでチケット販売中
※チケット半券お持ちの方はデスカッション入場可。
※デスカッションをはじめ「ラジオカフェ」開催イベントにつきましては
 誠に恐縮ではございますが1ドリンク制となります。
※5/20(日)のオープニングイベント「日本の謝肉祭」のみ別料金
 赤字覚悟の1000円!!です是非ご来場ください。



詳しくはこちら
http://surfacetension.xxxxxxxx.jp/
| ART | 16:06 | comments(14) | - |
椎名林檎×斉藤ネコ 「平成風俗」


この間NHKで椎名林檎ショウしてましたね。
あれも素晴らしい番組だったけど、アルバム「平成風俗」も聴きごたえがあります。

椎名林檎さんは個人的に好きなんですけど、何が好きって
音楽だけでなくパフォーミングと言っていいほどの動きや目線、
舞台としても見れるライブでしょうか。

例えば衣装を取っても自分に似合う色を知ってるんですよね。
映える色を知ってると言うか。
素晴らしい女性だと思います。
女性から見てすごいって思えるのはなかなかありませんから。

こちらは映画「さくらん」の音楽監督に関わるアルバム。
映画を見ても見なくても(私は見る予定はありません)楽しめるアルバムだと思います。
初回限定の特典に彼女のアートワークのセンスの良さが伺えるところも
楽しみの一つではないかと。
買うなら初回限定版をどうぞ。
| MUSIC | 22:52 | comments(2) | - |
フィッシュリ&ヴァイス




ピタゴラスイッチのDVDブックを以前こちらでご紹介しましたけど
あたしがピタゴラより先に見ていたのがフィッシュリ&ヴァイスの「事の次第」

火やタイヤや気の棒など、破壊的な連鎖を見せ続けてくれるこの映像を
あたしはいたる美術館で見てきました。
その度に人は足を止め、少し薄ら笑いと驚愕の表情を浮かべていたのを思い出します。

彼らのDVDボックスが発売されているようなので、あたしは興味津々なんですよね。
この映像、「事の次第」サイトで少しご覧になれますのでちょっとチェケラしてみます?



■事の次第
http://www.uplink.co.jp/kotonoshidai/index.php

■フィッシュリ&ヴァイス 公式サイト
http://www.fischli-weiss.com/

■『フィッシュリ&ヴァイスボックス』
http://www.uplink.co.jp/webshop/log/001741.php
| ART | 16:23 | comments(0) | - |
Dolce & Gabbana
そもそもブランド志向ではないあたしではありますけど、
ショップやブランドのサイトを見るのは好きなんですね。

大きなブランドだからサイトが素晴らしい、小さいショップだからサイトもそうか、
とは違うようで、その中でも最近一品だな、と思ったのがこちら。

http://jap.dolcegabbana.it/ (日本語サイト)

ドルガバドルガバと言わせるだけあって、どのページを見ても一級品。
サウンドもあたしは好きですね。
ありがちな、かっこいいけどサイト自体が見にくい、ということもないし。

のこサイト、必見かも。
| DESIGN | 16:15 | comments(0) | - |
ワイルドマウンテン
最近発売された本秀康さんの漫画
ワイルド マウンテン」4巻

の主人公 中野区ワイルドマウンテン町の町長 菅菅彦(スガ スガヒコ)

哀愁漂う?笑 菅さん。が
かなり強いことが判明!
スガスガキック!炸裂!
未亡人との一夜、、、
石黒ケン 笑

まだまだ終わらないワイルドマウンテン物語
(というか菅菅彦物語)
第5巻が待ち遠しい。
詳しくはこちら>ワイルド マウンテン
| BOOK | 21:05 | comments(0) | - |
MEDIA SKIN
携帯で気に入るデザインって、
大抵新しいの買った後に出るんですよねぇ…(ショック)



ってことで、auから販売されるそうですよ。
オレンジなんて、すぐ売り切れちゃいそうね。
下記サイトに詳しいデザイン情報あり!
要チェック!

http://www.au.kddi.com/au_design_project/seihin/mediaskin/index.html
| DESIGN | 22:19 | comments(0) | - |
カオリとマリ子 アーティストインタビュー
アートショー イベントのお知らせ

アーティスト インタビュー


題名 カオリとマリ子 インタビュー

日時 2007年1月27日(土曜日)
開場 18:00
開始 19:00
終了 20:00頃(終了後サロンタイム)

場所 インスピブロ HP>inspiblo
料金 1000円(1ドリンク付)


アートユニット カオリとマリ子 さんをむかえ、
自身の作品・制作について、また芸術について、
スライドを用いながらお話をうかがいます。

カオリとマリ子 HP>カオリとマリ子

また、このインタビューは、インターネットラジオにて
放送します。
inspibloのサイトから
inspiblo webmedia」をクリックしてくださいませ。
来られない方などは是非インターネットラジオでお楽しみください!

それでは、よろしくおねがいします!
| INFORMATION | 21:36 | comments(0) | - |
イシイリョウコ「冬のお話の鍵」展 と神戸
イシイリョウコさん(イラストレーター)の個展
「冬のお話の鍵」が
12月12日〜29日まで
神戸のhugさんにて行われます。

イシイリョウコさんの神戸での初の展示!是非いってみてください!

神戸といえば、イラストレーターのダテカヨコさんの展示「つまさきのダンスでNoelのラララ」もはじまっています。
11月23日〜12月28日まで元町にあるnoelvanilleにて開催。

プラス
案内をいただいたのですが、
東京のイラストレーターコロボックルさんの展示が
中央区京町にあるEVERYDAY BY COLLEX というところであります。
明日9日は絵本「おひさまぷりん」(文 いしだひかり、絵 たちもとみちこ)発売記念の
サイン会もあるそうです。

とうことで、まさに神戸イラスト三昧!です。
ルミナリエもはじまったことだし、是非いってみてください!
| ART | 11:34 | comments(0) | - |
田川朋子「皮膚」立体裁断展
田川朋子さんの立体裁断 大阪展 が
12月10日〜25日まで、北浜の近く
月眠ギャラリーにて行われます。
また、関連のイベントとして16日には月眠近くの
カフェ detajにて
黒子さなえ(ダンサー)さんと
波多野敦子(音楽家)さんによる
ショウがおこなわれます。

詳しくはこちら>SEN

以前現世美術館のトークイベントにて
お話を伺ったのですが、
衣装の色、黒・白・ベージュは、皆さんおわかりかと思いますが、皮膚の色だそうです。
なのでテーマが「皮膚」なんですね。
身体の色というのは、生まれつきかえようもなく
(最近は某アーティストのように変えることができるみたいですが、)
自分のものとして受けとめていけなくてはいけないものです。
それを題材に選び服飾として制作した田川さんの衣装。
皮膚と服飾の密接な関係をどこまで表現されているのか、
おたのしみください!!!
(10日のオープニングには、皮膚をテーマにした食事が用意されるようです。)

僕は10日の午前中から、搬入の手伝いで月眠ギャラリーへいきます。
東京展が終わってから会場の下見を少ししてきました。
正面のガラス張りから、左手に壁・壁・壁、右手に壁・カウンター・壁、奥に壁という具合に
3層の空間が連なっている場所でした。
さてさて、どうしようかな?と考えている最中です。
| DESIGN | 11:29 | comments(0) | - |
HAZE 塚本晋也監督映画
塚本晋也監督の映画
「HAZE」のDVDをやっとみました。

狭く暗い、迷路のような空間に
男がひとり彷徨う。
○○地獄という各空間を這いずり、1人の女と遭遇。
出口にむけて、ひたすら這いずる、、、
出口の空間は、、、

超恐怖。というキャッチなので
45分間のほとんどが恐怖の空間映像。
たぶんこれは、女性の精神の中?かも
なんて思った。
たすけようと女の中で這いずり回る。

前回の映画「ヴィタール」では肉体から精神へと
設定がうつり、
今回の映画「HAZE」で、精神の中へと設定されたようです。

塚本映画初のデジタルカメラ使用なのですが、
つくりはまさに塚本映画!
初期作品を思わす衝撃があります。

次は「悪夢探偵」という映画だそうで
楽しみです!
| CINEMA | 17:06 | comments(0) | - |
| 1/3PAGES | >>